突然若年性白内障に

我が家の愛犬が3歳のとき、ある日両目が真っ白に白濁してしまいました。突然のことで、愛犬も急に見えなくなり戸惑ったのか大変落ち込んでいるようでした。犬は目が見えなくても人よりは生活に支障が出ないとはいうものの、愛犬の場合は高齢などによって徐々に視力が低下した訳ではなかったので不自由なようでした。獣医さんにいくと若年性の白内障で、手術をしないと見えないままだということで手術をすることになりました。若年性白内障は遺伝性の病気だといわれており、日々の生活が原因ではないとのことで、飼い主としては飼い方に問題があったのかと落ち込んでいたのでその点では救われました。犬の場合全身麻酔での手術になるので、麻酔、術後の合併症、術後の1日何度も何種類もの目薬をさすことなど心配はありましたが、無事に乗り越え以前のようによく見えるようになりました。愛犬も喜んでボール遊びをするようになり、手術して良かったと思っています。