犬の糖尿病管理

犬の場合、太っているから糖尿病になるというわけではなく、
痩せていて、健康管理が行き届いている子でも
糖尿病にかかる犬はたくさんいます。
糖尿病にかかると、高血糖や低血糖などが起こりやすく
飼い主さんの管理がとても大変です。
獣医さんに支持された時間にご飯をあげなければ
いけないので、
例えそれが夜中や早朝出会ってもら怠ってはいけません。
そのタイミングを間違えると
犬は高血糖や低血糖になってしまうからです。
一度、糖尿病にかかってしまったら
まず治ることは見込めません。
でも、管理の仕方が楽になることはあります。
インスリン注射を打たなくてはならないことも
ありますが、家では飼い主さんが
注射してあげなければならないので
糖尿病にかかったら、上手に付き合っていかなければならないと思います。