突然の愛犬の病気

私は家の中で猫と一緒に愛犬も1匹飼っていました。
犬種はミックスで、おそらくボーダーコリーや柴犬が混ざっていたと思います。

子犬のときにもらってきて、とても可愛がって育てました。
とても健康で、動物病院へはフィラリアの薬を処方してもらうために年に数回通う程度でした。

そのフィラリの薬もいまでは、通販で購入しています。

フィラリヤの薬については犬のフィラリアのサイト!

しかし2歳のときに愛犬が突然倒れました。

急いで病院に連絡して連れて行きました。

様々な検査をして病名や原因を調べてもらいましたが、原因どころか病名も分かりませんでした。

獣医さんたちが病名が分からないためにどういう処置をしてよいのか悩んで、頭を抱えていたのを覚えています。

取り敢えず血液検査の結果を見てみますと言われ、愛犬を心配しながら待っていました。

しばらくして血液検査の結果が出たのですが、その段階では何も言えないと言われ、愛犬はその日から入院することになりました。

毎日様子を見に病院へ行きました。何も飲めず、食べることも出来ず、ずっと点滴をして寝ていました。

5日くらい経った頃でしょうか。獣医さんから驚くことを言われました。

愛犬の今の状態が凄く悪いということでした。愛犬は目が見えなくなっていました。

おまけに出血しているわけでもないのに、体内の血液の量が物凄く減っているために、輸血が必要とのこと言われました。

それでも獣医さんは病名も原因もわからないと言っていました。

輸血しなければこのまま血が減り続けて死んでしまう、輸血しても血が合わなければ助からない、究極の選択でしたが輸血してもらうことにしました。1周間くらい様子見と言われ、集中治療室へ入れられました。

結果、輸血した血が合い、目も元に戻り、自分の体内で血液が作れるようになり、元気になりました。

病名も原因も分からないままなので、いつ再発してもおかしくないと言われたので定期検査に連れて行ってます。

しかし今では再発もなく7歳になりました。とても元気に暮らしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です