先天性の癲癇と診断されました

私の家ではトイプードルを飼っています。
本当に可愛くて家にいるときはいつも一緒です。
ある日の夜中、物音に気付いた私は苦しそうに痙攣に耐えている愛犬を発見しました。
すがる様に震えながらこちらへ一生懸命歩こうとしていました。
すぐに抱きかかえ痙攣が治まるまでいました。
初めてのことでどうしたらいいのか分からず、あたふたしてしまいましたが5分もすると愛犬は痙攣も治まりいつもと変わらない様子でした。
何度も病院へ行き、時には最新機器のある病院までも行きましたが、どの先生もやはり「癲癇」と診断されました。
抗癲癇薬は飲んでいません。

症状が比較的軽いのと頻度も低いので先生と相談して決めました。
最近では、発作が出始める前に自分で分かるようになり、「抱っこしてくれ!」と走ってきます。

うちの犬だけかもしれませんが、抱っこしている時の方が発作が早く治まります。ぎゅーっときつく抱きしめるようにすると安心するみたいです。
治る事は考えにくいのでこれから癲癇発作とは長い付き合いになると思います。
少しでも愛犬の不安を取り除いてあげたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です