怖い歯槽膿漏

愛犬は高齢の為、様々な病気を抱えています。

高齢になるにつれ、口臭が気になり、くしゃみなどを良くするようになりました。

歯槽膿漏と言われていましたが、持病もあり、そちらの方が重症だったので、そちらに気を取られていました。

そのうち、目の下が腫れ、そこが破れて膿が出てしまい、鼻の脇からも膿のような物が出て、黒く塊ができるようになってしまいました。

それらはみな、歯槽膿漏から来る症状でした。

こういった場合、抜歯する治療を行うそうですが、愛犬の場合、病気もあり、麻酔をかける事がとても厳しい状況です。

そのため、抗生物質を投与する治療を何度か受けていますが、根本的な治療とはならないので、今後も繰り返すのではないかと思います。

人間と同様に、犬にとっても歯のケアは本当に大事だと痛感しています。

現在は、歯の健康の為に様々なフードや歯磨きなども発売されているようですし、うちのようにならないよう気を付けてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です