てんかんとの闘いの日々

もうすぐ8歳になる犬と一緒に暮らしています。

仔犬のころから、興奮するとときどき一瞬ひきつけを起こしたような状態になる子でしたが
よく食べよく遊び、元気いっぱいに生活していたので、病院でも心配ないだろうと言われていたんですが
2年前に突然、体中を痙攣させて発作を起こし、別の病院で診てもらったら「てんかん」です、と。
それ以来1日3度の薬を飲んで発作を抑えていたのですが、その薬が効かなくなって発作が起き始めたため、薬を増やして症状を抑え込み
またそれでも効かなくなって別の薬も併用して飲みはじめ・・・今やっと、発作が起きなくなって8か月が経ちました。
しかしそれでも治ったわけではなく、薬は今後もずっと続けなければいけません。
そしてその薬も「完全」ではないので、興奮すると時々、発作の前兆のような軽い頭の揺れや体の震えが見られます。
てんかんは、起きている本人には発作中は自覚がないとのことで、発作の後で「何が起きたんだろう?」と不安になったりするだけなのだそう。
5分以内に治まるようであれば、基本的には死に直結するようなことも無さそうなのですが
それでもやっぱり全身を硬直させてじたばたともがき続ける姿を見ていると、一人でお留守番をさせるのもこわくてできない状態です。

今はまだ、シニア世代に入ったとはいえ若く元気なのでいいですが
これから年を取って体力がなくなってきてからどうなるのか、不安でいっぱいの毎日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です