部屋がノミだらけ。我が家のワンコに大量発生

お散歩するたびに草伸び放題の空き地に侵入していく我が家のワンコ。
よほど楽しいのか、地面に体をこすり付けたりはじゃぎまわったり、
なかなか帰ってこようとしません。
ある日、家の中でピョンピョン飛んでいる赤黒い小虫を発見しました。
それも何匹も。その虫の飛ぶ方向へ視線をやると、ワンコの体に戻っていくようです。
これはノミだ!と思い、ワンコの毛を掻き分けて地肌を見てみると、
ノミのフンっぽい小さな粒が点々と落ちていました。
慌てて動物病院にかけこみ、フロントラインを首の所に
ぬってもらいました。一週間後には完全に駆除できましたが、
もう草むらで遊ばせるのはやめさせようかと思います。
そして毎月のフロントラインを怠ってはならないと痛感いたしました…。

ゴールデンレトリーバーの病気

毛が長いということもあり、皮膚病になってもわかりにくいことがあります。悪化してからではかわいそうなので、いつも体中をマッサージしながら、皮膚チェックをしています。よくなるのが、肢端皮膚病です。前足がかゆくなり舐めることで、さらにひどくなります。最初になったときはすぐに動物病院へ連れていき、塗り薬と飲み薬をいただきました。そして首周りにカラーをつけてもらいました。そうすることで前足を舐めることができなくなるのです。ゴールデンにとってはストレスのようで最初は嫌がっていましたが、すぐに慣れてくれました。そうすると三日ほどで完治します。早めに対処すればすぐに治る病気です。犬は口がきけないので、痛くてもかゆくても言葉にできません。飼い主が毎日身体を触りながらチェックしてあげるといいですね。スキンシップにもなるし、上から下にマッサージしてあげると、犬はとても喜びますよ。