突然の出来事

私はミニチュアダックスの甘えん坊な女の子4歳を飼っています。
うちの子は私が犬用のカバンを触っただけで「どこ行くの?連れてってくれるのよね?」と言うような感じで駆け寄ってきます。
その日も昼間の日差しのあるうちにお散歩に出かけました。
いつものように家のそばの公園をぐるっと一周し、近くのコンビニを回り帰宅しました。
家に着き水を飲むと満足したかのように寝室で寝始めたので、家事をしていました。
ふと見られてるなーと思い犬の方を見ると、じーっとこちらを見つめてるので呼んでみたのですがこっちに来ません。
犬用のカバンを持ってみると前足だけを動かし必死にこちらに寄ってきました。
鳴くこともせず、痛そうなそぶりも見せないので最初は何かの芸かと思ったのですが、そのあとも私の後を前足だけでついてくるので焦りました。
慌てて病院に行くと、下半身不全とのことでした。数時間前まで外で元気いっぱいに走っていたのに急にこんなことになるなんて思ってもみませんでした。
トイレも後ろ脚が動かないのでうまくできず、次の日病院で先生に膀胱を押してもらい、家ではタオルなどで腰を支えて数時間ごとにトイレをさせるようになりました。
犬は脚が動かない以外はとても元気でいつもと変わらず甘えん坊でしたが、見ている方が辛くってなってました。
その後2~3か月注射や薬で治療をし、今では後ろ脚も動くので元気に走り回っています。
ですが、またいつ急に動かなくなるかと思うと怖いので、段差や抱っこの仕方の注意したりと気にかかることばかりです。

うちの犬は糖尿病

うちの犬は一生付き合っていかなければならない糖尿病という病気です。最初に気づいたのは大量のおしっこです。出掛ける前におしっこさせれば4?5時間は全くしなかったのに2時間くらいで漏らしていました。水も大量に飲むので毎回器が空っぽでした。でも幼い頃から水は大量に飲む犬だったので、病気に全く気がつかなかったです。病院へ行く最大の出来事はお風呂が大嫌いで普段はシャワーから逃げ回っていたのにその時は立ち向かってきたので「やばい…」と思い病院へ連れていきました。あと体もガリガリで骨が浮き出ていました。糖尿病と診断が出た後にインスリンの量を決める検査を3日くらいして、血糖値が安定したら家でごはん前の注射が始まりました。慣れるまでが大変なだけで、うちの犬はインスリン打ってから3日で元気になったので助かりました。掛かる金額も払えなくはない金額だったので私は負担にはならなかったです。病気になった時は7歳でしたが今は12歳元気に生きています!