ハイグローマ手術

我が家の柴犬は1歳2ヶ月の時にハイグローマの手術をしました。柴犬には珍しいというハイグローマ。大型犬に多く、人間でいう肘の部分に水がたまってしまう症状です。痛がる様子はなかったけれど、獣医の先生に相談し、手術で肘の部分に水を抜く管を縫い付け、1ヶ月半かけて水を抜いて行くというやり方で治すことにしました。手術は1泊入院で終わりましたが、それから1ヶ月半ほぼ毎日病院へ通いました。縫い付けた管の先にガーゼを取り付けて出て来る水を吸わせるのですが、そのガーゼの取り替えが毎日必要だったからです。術後しばらくはガーゼを替えるのも痛がり、先生の協力なしでは難しい状況でした。後半は自分たちで替えられるようになりましたが、本当に大変な作業でした。万が一、縫い付けた管を犬が自分で引っ張り外してしまうと手術はやり直さなければいけなかった為、私は2ヶ月仕事を休んで側にいました。とても濃い2ヶ月間でしたが、あの時の経験が私たちと愛犬をさらに『家族』にしてくれたように思います。あれから1年以上経ちますが今のところ再発していません。これからも元気でいてくれるようにと祈る毎日です。

白内障を患いました

2年前に亡くなった愛犬が白内障を患っていました。ヨークシャーテリアのオスです。目に異変が現れ始めたのは、12歳くらいだったと思います。左目が少しグレーっぽくなっていることに気がつきました。目の色がちょっと気になった程度で、食欲もあるし散歩も大好きで年齢のわりにとても元気なのでその時はあまり気にかけていませんでした。しかし、日を追うごとにどんどん左目の色がグレーから白に変わっていき、病院に連れて行ったところ白内障だと診断されました。高齢だし仕方のないことですがショックでした。超小型犬ですし、余計な治療を行うとかえって体力を失わせて逆効果になるので特に治療もしないことを選択しました。左目に続き、今度は右目も白くなり始め、それと同時に両目とも視力が著しく落ちてしまいました。目が見えないのでご飯も自分では食べられないし、触ろうとすると見えない恐怖からか「ガルルルッ」と怒って噛み付くようになり抱っこも出来なくなりました。目が見えない不安とストレスで毛もどんどん抜け落ち、グルグルと1日中しっぽを追いかけるように回り続けるようになりました。この行動は病院の先生によるとストレスによるものだそうです。気力も落ちるのか、急激に体力も落ち衰弱してあっという間に亡くなってしまいました。虫歯などのように子どもの頃から飼い主が予防してあげられることでもないので、何も出来ない自分がとても情けなく、今でも申し訳ない気持ちと後悔でいっぱいです。

突然若年性白内障に

我が家の愛犬が3歳のとき、ある日両目が真っ白に白濁してしまいました。突然のことで、愛犬も急に見えなくなり戸惑ったのか大変落ち込んでいるようでした。犬は目が見えなくても人よりは生活に支障が出ないとはいうものの、愛犬の場合は高齢などによって徐々に視力が低下した訳ではなかったので不自由なようでした。獣医さんにいくと若年性の白内障で、手術をしないと見えないままだということで手術をすることになりました。若年性白内障は遺伝性の病気だといわれており、日々の生活が原因ではないとのことで、飼い主としては飼い方に問題があったのかと落ち込んでいたのでその点では救われました。犬の場合全身麻酔での手術になるので、麻酔、術後の合併症、術後の1日何度も何種類もの目薬をさすことなど心配はありましたが、無事に乗り越え以前のようによく見えるようになりました。愛犬も喜んでボール遊びをするようになり、手術して良かったと思っています。

大量の黒い耳垢

室内で飼っている犬の周囲に「黒い何か」が落ちていることに気付いたのは数年前。掃除のときに気付き、なんだろう、と不思議に思っていました。
それから数日後、犬と遊んでいたとき原因が判明しました。それは耳垢だったんです。うちの犬は垂れ耳。その耳をめくったら、黒い耳垢がぽつぽつと。綿棒やコットンで拭き取りました。しかし、日に日に量が増え、耳垢自体も大きくなり、しまいには耳の中が真っ黒くなるほどに増殖したのです。
病院に連れて行ったところ、「空気中の雑菌が耳の中で繁殖してる。治るけど繰り返すだろう」というお話でした。毎晩耳掃除をして点耳薬を入れ、病院にもかなりの日数通いました。悪化して膿んでいたために時間がかかりました。
その時は治りましたが、何度も何度も繰り返し同じような状況になり、そのたびに通院。悪くなると痒がるのでとても可哀想です。完治しないと聞いていても、見ていてつらいものです。

小型犬に多い気管虚脱

9歳のチワワを飼っています。2年前から気管虚脱と診断されました。初めは何か詰まった様にカッカッと吐き出す様な感じでしたが、そのうちガーガーとアヒルの様に唸り、小さい体を震わせていた為病院に連れて行きました。
ネットで調べてから病院へ行ったのである程度予想はついていましたが、やはり気管虚脱でした。
レントゲンを撮ると、喉の下あたりからの気管が驚くほど細く、3ミリしかない状態です。ただ、小型犬に多いらしく先生は然程気にしなくていいという感じでした。
ステロイドを頂き、すぐ落ち着きましたが、吠え過ぎた日や、興奮し過ぎた日などはまたガーガーと再発してしまいます。手術をしないと治らないので、気をつけてあげながら付き合っていかなきゃいけない病気です。

腎不全の可能性との検査結果。

今年の1月に、フィラリアの検査をしました。ついでに・・他の項目もけんさしていただくと「腎機能」BUNが45.2(正常値11~27)、Creが1.8(正常値1.5以下)とのこと。驚いてすぐ獣医師さんに相談しました。処方食フードに切り替えて様子をみました。翌月の再検査ではBUNが24.3、Creが1.5処方食のおかげか、数値は少しさがりました。腎不全の症状は見られないので初期症状だったのだと思いますが、もうすぐ14歳の老犬のため夏場の体力の消耗は見ていて辛いです。処方食はやはり美味しいとは言えないようで、ペット用の馬肉(50g)を小さく切り加熱し、フードに混ぜて食べさせています。小さい頃からの食生活が原因な事が多いらしいので、反省しています。あとどのくらい一緒にいられるかわかりませんが、なるべく長く・ストレス少なくすごさせてあげたいと思います。

部屋がノミだらけ。我が家のワンコに大量発生

お散歩するたびに草伸び放題の空き地に侵入していく我が家のワンコ。
よほど楽しいのか、地面に体をこすり付けたりはじゃぎまわったり、
なかなか帰ってこようとしません。
ある日、家の中でピョンピョン飛んでいる赤黒い小虫を発見しました。
それも何匹も。その虫の飛ぶ方向へ視線をやると、ワンコの体に戻っていくようです。
これはノミだ!と思い、ワンコの毛を掻き分けて地肌を見てみると、
ノミのフンっぽい小さな粒が点々と落ちていました。
慌てて動物病院にかけこみ、フロントラインを首の所に
ぬってもらいました。一週間後には完全に駆除できましたが、
もう草むらで遊ばせるのはやめさせようかと思います。
そして毎月のフロントラインを怠ってはならないと痛感いたしました…。

ゴールデンレトリーバーの病気

毛が長いということもあり、皮膚病になってもわかりにくいことがあります。悪化してからではかわいそうなので、いつも体中をマッサージしながら、皮膚チェックをしています。よくなるのが、肢端皮膚病です。前足がかゆくなり舐めることで、さらにひどくなります。最初になったときはすぐに動物病院へ連れていき、塗り薬と飲み薬をいただきました。そして首周りにカラーをつけてもらいました。そうすることで前足を舐めることができなくなるのです。ゴールデンにとってはストレスのようで最初は嫌がっていましたが、すぐに慣れてくれました。そうすると三日ほどで完治します。早めに対処すればすぐに治る病気です。犬は口がきけないので、痛くてもかゆくても言葉にできません。飼い主が毎日身体を触りながらチェックしてあげるといいですね。スキンシップにもなるし、上から下にマッサージしてあげると、犬はとても喜びますよ。

突然の出来事

私はミニチュアダックスの甘えん坊な女の子4歳を飼っています。
うちの子は私が犬用のカバンを触っただけで「どこ行くの?連れてってくれるのよね?」と言うような感じで駆け寄ってきます。
その日も昼間の日差しのあるうちにお散歩に出かけました。
いつものように家のそばの公園をぐるっと一周し、近くのコンビニを回り帰宅しました。
家に着き水を飲むと満足したかのように寝室で寝始めたので、家事をしていました。
ふと見られてるなーと思い犬の方を見ると、じーっとこちらを見つめてるので呼んでみたのですがこっちに来ません。
犬用のカバンを持ってみると前足だけを動かし必死にこちらに寄ってきました。
鳴くこともせず、痛そうなそぶりも見せないので最初は何かの芸かと思ったのですが、そのあとも私の後を前足だけでついてくるので焦りました。
慌てて病院に行くと、下半身不全とのことでした。数時間前まで外で元気いっぱいに走っていたのに急にこんなことになるなんて思ってもみませんでした。
トイレも後ろ脚が動かないのでうまくできず、次の日病院で先生に膀胱を押してもらい、家ではタオルなどで腰を支えて数時間ごとにトイレをさせるようになりました。
犬は脚が動かない以外はとても元気でいつもと変わらず甘えん坊でしたが、見ている方が辛くってなってました。
その後2~3か月注射や薬で治療をし、今では後ろ脚も動くので元気に走り回っています。
ですが、またいつ急に動かなくなるかと思うと怖いので、段差や抱っこの仕方の注意したりと気にかかることばかりです。

うちの犬は糖尿病

うちの犬は一生付き合っていかなければならない糖尿病という病気です。最初に気づいたのは大量のおしっこです。出掛ける前におしっこさせれば4?5時間は全くしなかったのに2時間くらいで漏らしていました。水も大量に飲むので毎回器が空っぽでした。でも幼い頃から水は大量に飲む犬だったので、病気に全く気がつかなかったです。病院へ行く最大の出来事はお風呂が大嫌いで普段はシャワーから逃げ回っていたのにその時は立ち向かってきたので「やばい…」と思い病院へ連れていきました。あと体もガリガリで骨が浮き出ていました。糖尿病と診断が出た後にインスリンの量を決める検査を3日くらいして、血糖値が安定したら家でごはん前の注射が始まりました。慣れるまでが大変なだけで、うちの犬はインスリン打ってから3日で元気になったので助かりました。掛かる金額も払えなくはない金額だったので私は負担にはならなかったです。病気になった時は7歳でしたが今は12歳元気に生きています!